補綴治療後のメンテナンス

こんにちは、佐藤です!

寒い日が続きますね。如何お過ごしでしょうか?

風邪など引かぬよう、暖かくしてお過ごし下さいませ。

さて、今回、私がお伝えしたいことは【補綴治療とメインテナンスの関係性】についてです。

治療が終わったらメインテナンスが大事な事は皆様ご存知かとおもいますがお口のなかに被せ物、インプラント、入れ歯といった(補綴治療】があるかたはとくに重要視してほしいと我々は考えています。

では、なぜ、定期的なメインテナンスが必要なのでしょうか?

補綴治療後のお口の中は時間とともに変化していきます。天然歯は、噛む力によって自然と削れて低くなるので、放っておくと削れずに高く残った補綴物にばかり噛む力がかかり、補綴物を被せた土台の歯が傷んで折れやすくなります。また、お手入れ不足によって起きる炎症も、土台の歯を傷める重大な原因に。【噛み合わせの調整とクリーニング】が治療を長持ちさせる秘訣なんですよ。

定期的なメインテナンス、お待ちしておりますね!!