決め手はフッ素!!

こんにちは、歯科助手の大井です。

むし歯になりはじめた段階の初期むし歯は、おなじみのフッ素で元通りの状態に戻せる可能性があるんです!

穴の開いたむし歯は、穴をふさぐには詰め物をつめるしかありません。
しかし初期むし歯は、〝あるもの〟を利用すれば、元の健全な歯の状態に戻せる可能性があるんです。
そのあるものとは、歯磨き剤でおなじみのフッ素です。
フッ素には唾液中に存在すると、再石灰化のスピードを促進するはたらきがあります。
むし歯は脱灰のスピードが再石灰化のスピードを上回ることが原因ですので、フッ素で再石灰化のスピードが上がると、歯の結晶が修復されていきます。
その際には、脱灰の原因となるプラークの除去、
つまり歯磨きの仕方や、そもそもの食生活についても、見直ししていただくことが大切です。
フッ素は、むし歯の「予防」だけでなく、初期のむし歯の「治療」にも有効なんですよ。
むし歯のできはじめを見つけるのは、歯科医院でしかできません。
定期受診をぜひ続けてくださいね。
もし初期むし歯が見つかったら、穴の開いたむし歯にならないように、一緒にケアを頑張りましょう!
フッ素のことは私たちにお任せください!