皆さまこんにちは^ ^

歯科衛生士の竹下です。

GWですね!連休に入られた方もいらっしゃるかと思いますが、素敵なGWをお過ごし下さい(*^^*)

さて今日は
『仕上げ磨きは、何歳まで??』
という事で、実際に、そう思われているお母様方、多いかと思います。我が家の仕上げ磨き話も含めて少しお話させて頂きます(*^^*)

我が家には3人の子供がいます。
乳歯が生え始めた頃から、歯磨き習慣 “仕上げ磨き”が始まりました。
1人目は、歯ブラシには興味を持ってカミカミしたり真似っこしたりと、“自分磨き”も楽しみ始めた1、2歳の頃ですが、“仕上げ磨き” には、とっても嫌がっていた記憶があります。思い返せば、きっと私も初めての子育ての中、仕上げ磨きにも必死…だったのだと思います。色々な事を思い出します(;ω;)

2人目は、そんなに嫌がっていた記憶はありません。きっと上の子の様子を見ることが出来たので、安心感と、褒めてもらいたい気持ちで頑張ってくれていたのでしょう。
そして2人の子育てに入った私自身にも変化があったのだろうと思います。

3人目は、われが1番!と率先して仕上げ磨きをしに来ます(笑)何でも上の子達について行こうと毎日一生懸命です。
しかし子供も日々成長、1歳、2歳、3歳と、自我も芽生えれば日々自我も強くもなり、中々の悪戦苦闘な日々でございます( ;∀;)

今では、上の小学生は、仕上げ磨きの前の “自分磨き” が上手になってきました☆ 仕上げ磨き効果は本当に大きいです!!

とは言え、子供に教えたから、子供が頭では理解できたから、『じゃぁ、あとは自分の歯は自分でしっかりと守っていきなさい☆』
そう言える日はいつ頃なのでしょう。

まだ子供が小学生の我が家にも、そう言える日は、まだ来ていません。
『子どもが自ら歯磨きをしないから(・Д・)!』??
でもありません!^ ^

ナゼなら、
我が子はまだ、【混合歯列期】だからです☆
“乳歯と永久歯が混合している時期”だからです!!
生える時期が一本一本違えば、背(歯)の高さも凸凹です。そしてまだ生えたての永久歯だらけです。お子様の永久歯が、今後の一生をかけて、強く!逞しく!育っていけるようにする為には、生え始めの今がとっても、大事です。

ですから、私は、お子様が小学生のうちまでは、“仕上げ磨き”をしてあげる事をお勧めしたいと思っております。

 

お母様と、私達で、今後のお子様の為に、是非一緒にサポートしていけたら良いなと思っております!!!

むし歯の有無に関わらず、
お子様と是非ご一緒に、ルアーナへお越し下さい♡

 

スタッフ一同、皆様のお越しを楽しみにお待ちしております(*´꒳`*)

 

 

我が家の仕上げ磨きグッズです↓

『キレイになると気持ちがいい♪』を目指して、私も頑張っています(*^^*)