我孫子市|一般・予防・審美・小児・インプラント
rss
予約・お問い合わせTEL.04-7190-5821

受付時間

採用情報

健康提案:官足法

足裏のみならず、ふくらはぎまでもみほぐす健康法

ふくらはぎまでもみほぐす健康法当院では、噛み合わせの治療をしながら、さらに全身の機能を良好に整えるために「官足法」を取り入れた健康セミナーなどを開催し、皆様に有益な情報発信を行っています。

一般的に、足をもみほぐす健康法として、足裏マッサージやリフレクソロジーなど様々な施術が認知されていますが、当院がおすすめする「官足法」とは、血液をきれいにする足もみ健康法と位置づけられている施術です。

それでは、どのようなアプローチなのかについて説明していきたいと思います。

官足法は台湾出身の官有謀先生が創始した足もみ健康法です。考え方としては、人間の根本である血液に注目し、その血液をきれいにして腎臓機能を高め、全身にスムーズに循環させることを目的とした健康法であるとされています。

とくに、足もみ法のやり方を習得することで、いつでもどこでも取り組むことができ、お金もかからず気軽にできる健康法ですので、ぜひ、多くの皆様に取り入れていただきたい健康法だと考えています。

人間の全身機能と官足法の関係

官足法人間は、全身に血液を循環させることで命を維持しています。
肺で取り入れた酸素や、食事から取り入れた水分・栄養素などは、動脈を介して全身に運ばれ、全身の老廃物を回収し静脈を介して排出されています。この血液循環こそが、人間の生命の源であるため、これがどこかで滞ると、身体の不調として症状が現れます。

特に、不調として現れやすいのが腎臓です。老廃物を排出する重要な臓器である腎臓は、豊富な血管が張り巡らされ、二六時中、働きつづけている臓器です。もしも、身体のどこかで不調が生じると、老廃物を処理する腎臓に負荷がかかってしまいます。その腎臓の許容範囲を超えてしまうと処理しきれなかった老廃物が全身をめぐることとなってしまいます。いわゆる生活習慣病などがこれにあたります。

そして、これら血液循環がもっとも滞りやすいのが「足」です。足は心臓から最も遠いところにあり、血液循環が阻害されやすい部分です。さらに足は、反射区という神経の集まりが集中している場所でもあります。この反射区は、刺激をあたえることで、遠くにある臓器の働きを活性化することが科学的にわかっています。

これらのことから、「官足法」とは、この足の反射区をもみほぐすことにより、全身の血液循環を促進させる健康法なのです。

また、足をもみほぐすことにより、リンパ腺のマッサージ効果もあるため、免疫力を高め身体の抵抗力もアップする効果も見込めます。

官足法の具体的な手法

「官足法」は足の裏のみならず、足の指先、甲部、足首、ふくらはぎ、膝裏、太ももまで、幅広い箇所をもみほぐす施術です。いわゆる、足つぼや足裏健康法と異なるのは、この部分にあります。

足の裏からふくらはぎまで、まんべんなく深くもみほぐしていきます。もみほぐす時は自分の手ではなく棒などの器具をつかってもんでいきます。当院では、「官足法」のやり方などについてセミナー情報を提供し、噛み合わせの調整とセットで健康のアプローチをしています。

また、近隣のセンターにて、官足法の講師である篠原伴子先生が毎月第3月曜日に
セミナーを開催しております。
もっと深く学びたい方は、そちらを受講されることをおススメいたします。